さまざまな腎臓病

2014年1月16日 hiroto 未分類

急性腎炎(きゅうせいじんえん)、慢性腎炎(まんせいじんえん)、ネフローゼ、これが3大腎臓病、呼ばれているそうです。腎臓病の代表格ですね。

●急性腎炎(きゅうせいじんえん)
頭痛、食欲不振、むくみなどが急に現れます。血尿と蛋白尿が認められます。血圧も上昇します。
強い症状が出ますが、短期間で治癒しやすい傾向があります。

●慢性腎炎(まんせいじんえん)
大人の腎臓病では最も多いものです。むくみ、血尿、たんぱく尿、高血圧などの症状が長期間続きます。数年から10年近く症状がないまま進行し、自覚症状が現れたときにはかなり進行しているということが多くあります。

●ネフローゼ症候群(ねふろーぜしょうこうぐん)
ネフローゼは、タンパク質が大量に(1日に3.5グラム以上)尿中に排出されるため、体内においてタンパク質が不足し、強いむくみを特徴とする病気です。

よく耳にする、「腎不全(じんふぜん)」というのは、これらの腎疾患が進行して、腎臓の機能が著しく低下(正常時の50%以下の機能)した状態です。

そしてその腎不全の末期の症状が「尿毒症(にょうどくしょう)」となるのです。

尿毒症というのは、腎臓の機能が極度に低下し、体内に毒素がたまって全身の臓器に症状をあらわれるようになった状態をさします。

腎不全の末期の症状で、以前は、生命の維持も危ぶまれる危険な病気でしたが、現在では透析療法が進んで生存率が高まっています。社会復帰も可能になりつつあります。

他にも急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいじんえん)、慢性糸球体腎炎(まんせいしきゅうたいじんえん)、糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)など、さまざまな腎臓病があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Powered by WordPress and HQ Premium Themes.